珍しい素材で会社の代表印

代表印イメージ

珍しい素材で会社の代表印を作るということは、会社を愛しているからですね。
愛しているから、一番良いものを上げたい、という気持ちなのだと思います。

それもそのはず、特別な思いを込めて会社を作る計画を立て、よく検討して、願いを込めて会社を設立し、自分のすべてを注いで会社が成長するようんに取り組んでいるのです。

会社を愛する気持ちは並々ならぬものがあるでしょう。
そんな愛が、会社の代表印に対しても特別な気持ちで高価な素材や珍しい素材で代表印を作ることにするのでしょう。

そういう訳で象牙とかチタンとかで作るのは大変結構なことですね。
印鑑を押すときの心境というのもあります。

これは本当に押していいのかな、と考えてから押すと思いますが、珍しい印鑑であればなおさら丁重な扱いをしますから、印鑑を大事なものとして扱うようになり、注意深くなると思います。

たとえば、大切な書類があり、絶対なくしたり傷つけたりしてはいけない書類であれば、その書類の中身を確認するときも、まず姿勢をただし、深呼吸して、そのときの自分がボケていないか、自己チェックして、それから書類を一字一字確認することでしょう。

そういう気持ちを込めて印鑑を押すものです。
まして代表印は自分のことだけでなく、会社にかかわるすべての人に影響を与える重要なものですから、いっそうの丁重さが必要ですよね。

そのような慎重さを増し加えるためにも、珍しい素材で会社の印鑑を作ってみるのもいいのではないでしょうか。

時代が変われば珍しい素材というのも次々に現れてくるでしょう。
これから、どんな素材の印鑑が現れるか楽しみですね。

ページの先頭へ