つぶれない会社というイメージ

印鑑イメージ

水牛の角で印鑑を作るというのはよくある話ですが、年を重ねた水牛から取れる、真っ白で、強い角は白水牛というようです。

オランダ水牛とも言うようです。
若い水牛は色が付いていて、白水牛とはいいません。

年を重ねて、角にもたくましさが込められているのが白水牛です。
その白水牛で印鑑を作るというのがあります。

珍しい牛なので、普通の水牛よりは割と高価になっているようですが、それでも1万円しないものが多いようです。

白水牛というと、白い水牛がいるのかな、と思ってしまいますが、これは年を重ねて角が白くなっているものをいうので、水牛が白いわけではないようです。

ただし角は、白いといっても、やや透明っぽいところがあったり、薄い茶色が混ざっていたりしている。

水牛という動物は、私はてっきりアメリカ辺りに多いのかと思いきや、完全にアジアの動物でした。

東南アジアやミャンマーや中国やインドなどにいるようで、牛よりも力があり、大きくて、牛乳も出すので非常に重宝されているとのことです。

また、水牛の皮は、分厚くて丈夫で、ヘルメットにも使われているようです。
何しろ、サイみたいな丈夫な皮で覆われている動物ですから、頑丈ですね。

そういう力強い動物の角を使って印鑑を作ると、結構つぶれない会社というイメージがあるような気がします。

それに、白水牛で代表印を作るなら、それはもう白くて誠実で、清潔で力強い、そんなイメージがある会社になるかもしれませんね。ぜひお勧めですね。

いつかアジアを旅することがあれば、水牛をよく観察してみてはいかがでしょう。
そのたくましい勇姿に感動したり、恐れを抱いたりするかもしれませんね。

ページの先頭へ