代表印はどっしりした重厚感のある印鑑で作る

代表印イメージ

近頃はいろいろな素材で印鑑を作ることがある。
特に、会社の顔でもある代表印はどっしりした重厚感のある印鑑で作るというのがいいかもしれない。

そう思っていたら、なんと、チタンという金属で作った印があるのだ。
チタンは、英語ではTITANIUM(チタニウム)と言って、非常に硬い金属で、さびないらしい。

鋼鉄のように硬くて錆びなくて腐敗も腐食もしない。すごい金属のようだ。
しかも地球にたくさんあるらしい。

ただし、加工が難しいらしくて、割と大規模な設備がないと加工できないようだ。

そういえば、私が子供のころ、超合金で作られた人形(ウルトラマンのようなもの)がちまたに出回り、相当好評で、かなり売れたようだ。

私の友達でも、かなりたくさんの友達が買っていた。
そういう思い入れの金属で印鑑を造ると、高級感がどっしりとある。

落としてもかけたり壊れたりしない。

かなり鋼よりはずっと軽いらしいが、一応金属だ。

重いのでカバンが重たくなるかもしれない。
それにしても、金属製の印鑑を使うというのは珍しいですよね。
普通なら柘植という世の中ですからね。

私が思うに、金属に関係する会社であれば、この金属製印鑑というのが相当よいイメージがあると思う。

ましてこのチタン製であれば重厚で力強いイメージがあるから会社の代表印にピッタリだ。

値段だってそれほど高価ではない。
とはいえ彫り方によってばらつきもあるでしょう。

おそらく2万円くらいだと思う。
これほどの金額であの高級なチタン製印鑑が手に入るなら、是非お勧めですね。

気に入ってしまって、銀行印も個人の印鑑もチタンにしてしまったら、多少重たいでしょうね。

会社での代表印鑑について

ページの先頭へ